S1プラモ奮闘記!

ガンプラからスケールモデルまでプラモデルの制作記&ツールレビュー・技法テクニックを検証


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モノアイ表現検証

今製作中のドムは塗装が終わりデカールはり中です。
やり直しがきかないので神経つかうなぁ~(><)

モノアイやセンサーレンズの表現は色々あると思いますが、
いくつかの表現でどれぐらい印象が変わるものか比較してみようと思います。

P1010322.jpg
キット付属のクリアパーツをクリアピンクで塗装

P1010323.jpg
WAVEのHアイズの裏にシルバーのラピーテープを貼付け、
KOTOBUKIYAの丸ノズルをメタル塗装したものとの組み合わせ。

P1010962.jpg
HIQパーツ製SPプレートとHIQ製オーロラレンズ透過タイプの組み合わせ
(ラピーテープをクリアピンクで塗装してレンズ裏に貼付け)

本当はSPアイズのレンズで試してみたかったんですが、
使いたいサイズがどこ探しても見つからず断念(T_T) 


写真を並べてみると、違いがよくわかりました。
用途によって、うまく使い分けていこうと思います。

あと、100均なんかでも売られている、デコ用の丸レンズパーツも
試してみましたが、物にもよるとは思いますがキラキラしていてキレイでした。
最初から裏がシルバーでシール付きなものもあったりで、便利そう。
100円で大量にレンズ付いてますしお得♪
でもデコのコーナーとか居座るの結構恥ずかしいんですよね (^_^;) 

ドム完成まであと一息がんばりま~す!


▼紹介商品販売先リンク(Amazaon/FIRST)

Hアイズ(Wave)

HIQパーツ SPプレート

HIQパーツ オーロラ アイズ 透過
スポンサーサイト

| ツール、技法 レビュー・検証・実験 | 21:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/16 16:39 | |

こんばんわ(^^) 早速、コメントさせて頂きます♪
流石ですねww 仕事の丁寧さが、このアップにも耐えられる緻密な制作。

本当に、惚れ惚れしてしまいます。私も、見習わなければ(^^;

| プ二マル | 2010/08/17 03:49 | URL |

>プ二マル様
コメントありがとうございます♪
何回も失敗しながらなんとか、じみちにがんばってます(^^ゞ
お互い、プラモ生活楽しみましょう☆

| sei | 2010/08/17 10:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://s1factoryblog.blog104.fc2.com/tb.php/6-5490b12b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。