S1プラモ奮闘記!

ガンプラからスケールモデルまでプラモデルの制作記&ツールレビュー・技法テクニックを検証


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネオジム磁石の活用

みなさま、こんばんは。

本日のお題は、ネオジム磁石ということで
通常の磁石より強力な磁石なんですが、
プラモ作りへの導入を、試みたいと思います。

模型通販店などで、パーツの脱着用などの用途で、取り扱っていて
へ〜、こんなのもあるんだぁと、前にみてたのですが
100均にもあったので、とりあえず買って試してみました。

P1030395.jpg
5個入りで100円でした。

磁力ですが確かにスゴイです。
数ミリの磁石ではあるものの、マイナスドライバーと
ペンチを連結してみたら軽々持ち上げてしまいました(@O@)


で、肝心のプラモにどう生かそうかということですが
丁度、製作中のミニガンプラのゲルググですが、
腕にしか盾が着かない仕様で、
ゲルググといえば、背中にシールド背負ってるイメージも強いので、
ネオジム磁石を使って手持ちと背負いを選べるようにしてみたいと思います。


まずは、磁石の余分なカバーから磁石をとりだすんですが、
P1030397.jpg
思ったより周りのカバーがめちゃくちゃ固くて割るのにかなり苦戦。。
この手間考えたら、通販で磁石だけ買った方がよかった。。(^_^;)
価格的には通販でもそれほどかわりません。
G PARTSさんで色々なサイズ扱ってます。


ミニプラには大きすぎたので
磁石を砕いて使用することにします。

まずはシールドにネオジム磁石を仕込みます。
砕いた磁石をパイプに詰めパテ埋めして固定しました。
P1030409.jpg


次に腕ですがシールドを持たせるオスピンがついているので、カットして
ピンバイスで開口し金属物を埋め込み、表面はパテで隠しました。
P1030401.jpg


同じく背中にもメタルマイナスモールドを埋め込み。
P1030398.jpg


これで、シールドの脱着が可能に♪
念願の背負い盾ポーズもバッチリ(^O^)
P1030482JPG.jpg


アイデアしだいで色々と使えそうなツールですね。

今回は、小さくして使用したので、かなり磁力が落ちましたが
通常なら、MGクラスで、盾などの脱着などに使用する程度なら
十分に使えそうです。

あとは、接着の固定用でクリップで止めにくい部分などは、
磁石だと小回りがきくので、挟み込んで使えば、うまくいくかなぁ〜、
など、たくらんでおります。

ではでは、ネオジム磁石の感想&体験記でした〜(*゚▽゚)ノ



ブログランキングに登録しました。
よろしければ、下の投票ボタンをクリックお願いします<(_ _)> 


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  人気ブログランキングへ    

| ツール、技法 レビュー・検証・実験 | 01:02 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャア専用ゲルググ制作記(3) モールド付け&部分改修

みなさまこんばんは。
ちょっと体調すぐれず、中々プラが進んでないseiです。。
ちゃっかりキットだけは買っちゃってるんですけどね(^^;

さて、MGゲルググの方ですが、一応手を加え終えて、
表面処理してるところです。

経過内容ですが
まずは、細かいモールドを、ちらほら入れてみました。
方法は、よく金属を熱して押し付けてモールドにする方法をみかけたので、
挑戦してみました。

とりあえず練習〜
歪まないためにも、モールドを入れたい所に印をつけます。
P1030202.jpg

精密ドライバーをライターで熱します。
P1030188.jpg
(ターボライターの方がやりやすかったです)

ある程度熱したら、モールドをつけたいところに押しあてると
ムニュっとプラが溶けて埋まり、まわりが盛り上がります。
後は冷えたら、盛り上がった所をペーパーで削れば完成♪
P1030197.jpg

ちょっと今回スジが細かったですが
お手軽で、役立ちそうなテクニックですね。
火傷、火の元には気をつけないといけませんね。

力加減や熱し加減が微妙なので、練習必須です。
何回か貫通させちゃったり失敗しました(^^;

失敗しても瞬間で埋めてから、もう一度試してみましたが
やり直しOKでした。
これで、本番も安心です。


他にも可能性がありそうなので、色々試してみました。

例えば
以前作成した作品で表現した四角いモールドですが
磨いだマイナスドライバーでコツコツ削ったんですが、
d.jpg
熱したマイナスドライバーの平らな部分を押し当てると
簡単に表現できそうです。
P1030204.jpg

色んな形の金属もあるので、モールドのバリエーションの幅も広がりそうです。
ダメージ表現にも使いたいですね。



P1030213.jpg
本番は写真のように3つ並んだミゾを表現をしたかったのですが、
密着させると隣のモールドが変形してしまって
綺麗に入れるのは難しかったです。
最終的にタガネで整えました。
P1030214.jpg

練習不足もあって今回使用しませんでしたが、
Pカッターを3連にしてワッシャーで間隔をあけてボルトで固定して
一気に押せるようなものを作ってました。
P1030211.jpg
大分慣れてきたので、今後役立ってくれることを期待してます。


他の改修部分は、
・頭部のトサカの形状を少し大きく変更。
P1030386.jpg

・首まわりの高さを少し高くしました。
P1030394.jpg

・つま先に段落モールドの表現
PP1030080.jpg
段落ちさせる部分のパーツを削り、裏からプラ板をあてました。


MGゲルググ次は塗装の制作記となりそうです。
そう言えばブログはじめてまだ、まともに塗装中の記事書いたことなかったなぁ。
てか、一つのキットに時間かけすぎですよね(^_^;)
がんばります。
それでは、また〜。



ブログランキングに登録しました。
よろしければ、下の投票ボタンをクリックお願いします<(_ _)> 


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  人気ブログランキングへ    





| ・MG シャア専用ゲルググ制作記 | 22:20 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャア専用カップヌードル miniガンプラ制作記(3)

みなさま、こんばんは〜。

今日は、シャア専用mimiプラネタです。

シャアザクの方は前回で弄るの終わりにしようと思っていたのですが、
YouTubeでミニザクのディテールアップ方法の動画を発見してしまい、

おー\(◎o◎)/と衝撃をうけて(YouTubeといえば別の話題でも大騒ぎですが)
自分もやってみたくなってしまい、また弄りだしてしまいました(^_^;)

・膝の加工
P1030107.jpg
隙間が埋まっているので、エッチングノコで切り落として、ヤスリで仕上げました。
これは意外と簡単で効果的でした。


・足裾まわり
P1030113.jpg
プラで埋まっているので掘りおこします。
研いで加工した精密ドライバーをノミがわりに、チマチマ掘りつづけ、
おっ!光が見えてきたぞー
って、貫通してるじゃん(^_^;)

貫通した部分は、底からプラ棒通してそれらしく。
P1030250.jpg
ミニ内部フレーム!言い過ぎだって(^_^;)


あと、ツノの形がまだ納得いってなかったので、弄りまわしてたら
案の定ポキンとやっちゃいました(〃_ _)
シャアさん、降格しましたよ(笑)
気をとりなおして仕方なく、プラ板でつくりなおし、
ちっちゃいので苦労しましたがなんとか納得する形になったかな。
P1030222.jpg
一応、強度も考えて、頭に溝つけてから接着しました。




他のミニシャア機たちはというと

ズゴックの方は
またもやモノアイを可動式に挑戦。

P102046.jpg
前側モノアイレール部分をカット

P1030170.jpg
内部パーツに軸を通し、
モノアイを仕込む平たい円柱パーツを用意して、中心に穴を開け軸に通してして可動可能に。
モノアイを取り付ける部分にピンバイスで開口

P1030175.jpg
そこに、ソケットピンの先を差し込みメタルフレームの完成。
あとは、モノアイレンズを取り付け。

P1030233.jpg
う、うごきました〜♪

おー!できたではないか( ̄ー+ ̄)
まだ、仮止めなので、格子がなかったり、ちょっとヘンですが、
これから手直ししていきます。


成功する自信もなく行き当たりばったりに、スリリングモデリングを
楽しんでます(^_^;)

次は君かぁ、
P1030180.jpg
ほ、細い(-.-;)
ここまできたら全部モノアイはレンズ表現にしたいよなぁ。
ん〜、ハイパーカットソーを買えというのか、、
とりあえず保留。。

次ぎは、ザクの塗装と他の制作の続きですね。
この企画、完成目標というよりは、
このスケールで自分限界に挑戦みたいな感じで楽しんでおりますので
いきなり、力つきるかもしれませが、見守ってくださいませo(_ _)o

ではでは〜(^^)/


ブログランキングに登録しました。
よろしければ、下の投票ボタンをクリックお願いします<(_ _)> 


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  人気ブログランキングへ    

| ・カップヌードル/シャア専用miniガンプラ | 22:51 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムコンバージ

みなさんこんばんは(^-^)
今日はめずらしくプラモ以外の記事です。
 
ツヨさんのブログ記事でアップされていた
ガンダムコンバージ!(食玩のSDガンダムです)
めちゃくちゃカッコよくて見とれてしまいました(*^^*)

最初はプラモでキット化されたら作りたいなぁ〜なんて思ってたんですが、
無性に欲しくなって、思わず買ってしまいました。
しかし、なかなか売ってるとこがなくって
そうとうコンビニめぐりして
やっと欲しいのが揃いました☆
P1030182.jpg


ウキウキ開封♪
P1030181.jpg
すぐ出来たのがでてくると思いきや
いくつかのパーツに分かれてる(^^)!
わずかですが組み立て要素があって嬉しかったり。


P1030184.jpg
ジャーン!V作戦
かっこいい〜(≧∇≦) このSDスタイルならコレクションしたいです。
ジオン系がでたら、どんな感じになるんだろ
出ないかなぁ〜。
キット化してくれたら、さらに嬉しいんだけど。


ちょっと、スミイレして遊んでみました。
P1030261.jpg
P1030258.jpg

汚くなったかも、、(^^;
ということは気のせいということで、、
 
いつも見えるよーなとこに飾っておこっと♪


ではでは〜。



ブログランキングに登録しました。
よろしければ、下の投票ボタンをクリックお願いします<(_ _)> 


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  人気ブログランキングへ    

| グッズ | 19:52 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャア専用ゲルググ制作記(2) スジ彫り

みなさま、こんばんは(^∇^)

ゲルググのスジ彫りがだいたい終わりました。
全体の写真はまだ撮ってないのですが
今回は製作中画像でお送りしたいと思います。

私のスジ彫りの方法ですが
最初に素組の写真を印刷したものに
資料など見ながらイメージのラインを書き込んで
それに、あわせてキットに直接スジボリするラインを
ペンで書いていきます。

P1030074.jpg

それから、彫っていくわけですが
まず、ガイドを用意します。

たまたま、ウチの家族が内職で使っている
透明のフィルム状のシールがありまして、
切れ端であまって捨てる分があるので、頂いて活用してます。
これが、2枚重ねると、スジ彫りに丁度いい固さで手放せません。
入手できる商品の紹介でなくてすいません(^^;)

P1030075.jpg
このシールを彫るアタリを書いたキットに重ねて
またペンでなぞります。

P1030077.jpg
剥がして、ラインにそってカット
キットのスジ彫りアタリに合わせて貼付けて
いざ、スジ彫り!

最初は、ケガキ針でかる〜くなぞる感じでと
思いつつ、せっかちなので、つい力が入ってしまって
ズルっと、いらないところまでスジ彫り〜( ̄▽ ̄;)
後で、瞬接で埋めて修正修正。

で、軽く彫れたら、Pカッターの刃を加工したもので
さらに深く彫ってます。

P1030093.jpg
これが一番手に馴染んで愛用してます。

最近気になってるのはラインチゼルでしょーか、
かなりの削れるみたいなので時間短縮になりそーで興味津々。

Mr.ラインチゼル GT65

新品価格
¥1,964から
(2010/11/3 21:32時点)




P1030080.jpg

これで、一応スジ彫り完了です。

カットしたシールを裏返してラインをとると
左右対称のスジ彫りガイドが作れるのも便利です。


お次ぎは、曲面へのスジ彫りですが
変則的な曲面があるパーツの場合、先程のシールでは密着できないので
最近、近くの模型屋さんで見かけなくなりましたが
ハイテクテープを使用してます。
P1030081.jpg
モデラーズ プロユース ハイテクマスキングテープ

本来マスキング用ですが、それなりの厚みがあるので
結構スジ彫りしやすいかと思います。
何度か再利用もできるのもいいですね。

P1030158.jpg
なにより、特に細いテープだと、かなりのカーブのラインを
なぞれるので重宝します。

P1030097.jpg




専用のスジ彫り専用のガイドテープも試してみたいです。



スジボリ用ガイドテープ3mmx20m巻 HIQ PARTS 

First価格:¥252(税込)


最後に、モールドやスジ彫りにメリハリをつけたいときに
BMCタガネの1.0mmや0.5mmを使用しています。
P1030085.jpg

最初は、精密マイナスドライバーを研いで使用してたのですが
BMCタガネを買って、削れぐあいと、シャープさは歴然でした。
とはいえ、まだ使いこなせていないので、
もっと練習してキレイなスジ彫りを目指したいです。
P1030082.jpg

ジ・オも、これからスジ彫りいきまーす。

では、またまた〜 (*゚▽゚)ノ



ブログランキングに登録しました。
よろしければ、下の投票ボタンをクリックお願いします<(_ _)> 


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  人気ブログランキングへ    




| ・MG シャア専用ゲルググ制作記 | 22:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。